地上デジタル放送を楽しもう!
ご意見とご感想 † リンク集 † サイトマップ

地上デジタル放送(地デジ)

今現在の日本では地上デジタル放送(地デジ)のホームページをよく見かけます。しかし、5年後にはなかなか見つからないと思います。

地上デジタル放送(地デジ)について

2011年7月24日まで、残り904日です。分かり易く言うと、2年と5ヶ月27日でしょうか?6歳ぐらいの子どもでは、長く感じる年数になると思いますが、大人になるとあっという間とも感じれる時間になると思います。最近では、家電量販店に行くと、アナログのテレビなんて売ってません。

2001年に制定された電波法で、2011年にアナログ放送からデジタル放送へ変更が決められましたが、特にここ2、3年頃になって急速に関心が高まってきた、地上デジタル放送(地デジ)ですが、これで大きく変わるのはどこだか知っているでしょうか?えっ、「画面がキレイになる事?」違います。「デジタルチューナーか地デジ対応のテレビが必要になる?」おしい!正解は、「アナログ電波での放送がデジタル放送になること」です。

今までの放送は、地上アナログ放送と呼ばれ、これまでは放送搭から出ていたアナログ波が停止して、デジタル波に変わる事が大きく変わるところです。かつて、日本で白黒テレビだった物が、カラーテレビになったときのような状態に近いかもしれません。違う点としては、カラーテレビのときは、東京オリンピックやアポロ11号の月面着陸などの大きなイベントが立て続けに起こったので、カラーテレビは爆発的に増えましたそうですが、地上デジタル放送(地デジ)はじわじわと増えています。

地上デジタル放送(地デジ)になるという事

デジタル波の一番の特徴は0か1かの信号になっているという事です。そのため、今までのアナログチューナー内臓のブラウン管テレビでは、デジタル化した信号を、映像として変換することができなくなってしまい、そのために、その信号の解析ができる、デジタルチューナーか、デジタルチューナー内蔵の薄型テレビなどが必要になります。

また、それを受信するためのアンテナはUHFアンテナというアンテナが必要になるのですが、このUHFアンテナは首都圏では、ほとんどVHFですので、新しく購入する必要が出てきます。購入の際には、取り付け作業を行ってもらえるかを聞いてみましょう。

ちなみに、地上デジタル放送(地デジ)の普及率は、アナログ放送が終了する2011年にまでで、85%を目安としていますが、残りの15%は視聴率の問題からして大きな数字になりますので、地上デジタル放送(地デジ)への完全移行は延長するかもしれません。しかし、「延長する」と発表すると、買わない人も増えるかもしれないので、それはそれで問題となります。これで、総務省は悩んでいると思います。

また、収入の少ない年金生活の高齢者や勤労学生などからも不満の声が上がっていて、地上デジタル放送(地デジ)に移行すると同時に、2%の方がテレビの視聴を止めるという方も出始めています。こういった問題も少なからず出ているようです。

pickup

新橋で人気の居酒屋

各電流センサから測定環境に合わせて、ご提案が可能です。お気軽にお問い合わせ・お見積りください。

クランプ式電流センサ

ここの学校では、韓国語、中国語などのアジア圏言語の通訳翻訳教育に特化しております。

韓国語 学校

大分賃貸

CONTENTS

地上デジタル放送(地デジ)

地デジのメリット

地デジを視る

地デジ商品

地デジ工事

地デジが視れない

地デジの録画

B-CASカードとは?

詐欺に注意

リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありませんので自由に貼ってもらって結構です。

アダルトサイト関連、マルチ商法関系などからのリンクはご遠慮願います。

リンク先でのいかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いかねます。